パナのデュアルヘッド・デジタルゲージがエア漏れ!

いつものように、フロアポンプで空気を入れ、エアゲージで調整しようとしたら、プシューッと盛大にエア漏れが!
エアゲージを見ると、ゴムパッキンが破れてました。

私が使っているエアゲージは、Panaracer デュアルヘッド・デジタルゲージ
このエアゲージを使ってる人は多いのではないでしょうか。
減圧しながら測定できたりするので便利ですよね。

かれこれ3年間使ってきましたが、電池交換をする前にパッキン切れとなりました。
3年も使ったんだから買い替えるか…と思ったのですが、念のために補修パーツを調べてみたら…あるんですね!
仏式バルブ専用取替ゴムパッキン BTG-PDDL1-FVR

エアゲージを買ったときに付属していた取扱説明書には書いてありませんでしたが、パナレーサーのサイトに掲載されている最新版と思われるものを見たところ、書いてありました。

破れたゴムパッキンは、名前のとおり、仏式バルブが刺さる部分。

IMG_3946_R.JPG

私の場合は、パッキンを引っ張れば取り外せましたが、パッキンの切れ具合によっては取り出せないかも知れませんね。
パーツを注文するときは、取り出せることを確認してからの方が良さそうです。

こんな感じに切れてしまってました。

IMG_3947_R.JPG

全周の6分の1位でかろうじてつながっている状態。
この状態でも取り出すことはできました。

ちなみに、私が注文したのはEC-JOYプレミアム楽天市場店

パナレーサー BTG-PDDL1-FVR【smtb-s】

パナレーサー BTG-PDDL1-FVR【smtb-s】
価格:539円(税込、送料別)


本体を買うと、Amazonで2,000円弱。
ゴムパッキンの交換なら、539円。
ネット通販だと送料分がパーツよりも高くて残念な感じになってしまいますが、それでも本体買い替えよりは安上がりなので、本体はまだまだ使える、という方は、ゴムパッキン交換もよろしいかと。

ちなみに、本体を買いたい方、Amazonが安いようですよ。



【2015/05/10・追記】

さてさて、注文していたゴムパッキンが届きました。
IMG_3962_R.JPG IMG_3963_R.JPG
取扱説明書も付いていて、パッキンの取り付けはもちろん、古いパッキンの取り外し方法も説明されていました。
取り付けは押し込むだめなので、一瞬です。
IMG_3964_R.JPG
そして、無事に復活!
めでたし、めでたし。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

タグクラウド